« 秋の訪れ | トップページ | 電話機故障中 »

2009年9月13日 (日)

中華ちまき

半年前(?)にお赤飯を作った残りのもち米を片付けたくて、中華ちまきを作りました。

筍や銀杏も冷凍庫に眠ってましたし、なぜか竹の皮も10枚ありました。

Image387豚肉、人参、干しシイタケ、干しエビ、筍、松の実、・・・をさっと炒めて、もち米を投入。もち米は、5,6時間水に浸した後、ざるにあげて水を切っておく。

お醤油、塩、お酒、砂糖、スープで10分~15分ほど蓋をして、蒸らす。

お米が透明になり、スープがなくなったら、包む。

銀杏は、包む時に、1,2ヶ入れました。

栗でも良いかも。

竹の皮で包んで、圧力鍋で3分蒸す。

この形だと、たこ糸で結ぶ必要がありません。                                  

Image388 竹の皮がなければ、アルミホイルでもOKです。

Image390Image389

  

  

  

  

  

  

これで、もち米が片付きました。

なぜ買ったのかわからない、竹の皮も。

4ヶ残ったので、明日のお弁当にしようと思っていたら

息子に「明日の弁当は、白いご飯にしてね!」と先手を打たれました 

« 秋の訪れ | トップページ | 電話機故障中 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中華ちまき:

« 秋の訪れ | トップページ | 電話機故障中 »