2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

和田音楽教室 

« 早起きは三文の得? | トップページ | パンダ誕生おめでとう〜 »

2017年6月13日 (火)

コンクール審査について

コンクールの審査をするということ

私にも生徒がいてコンクールを受けると講評というのをいただいてきます。

これは、本当に生徒さんにとっては重い受け止めをされるものです。

ですからいざ自分が講評を書くときには、その演奏だけではなく、その向こうに今までの真剣な取り組みがあること。
ご家族、また先生のお気持ちも考えて書こうと思っています。

ただ、何しろ短い時間でそこまでの余裕がない…というのが正直なところ。

時には次から次へと聴いているうちに、どんな演奏も同じに聴こえてきたり、字を書くことに集中していると本当に上手な演奏を聴き逃しているのではないかと心配になったりします。

その責任の重さを考えると、前日も終わった後もしばらく眠れないほどです。

ただ、参加者の皆さんに言いたいことは、この結果が全てではないという事。

たった数分にも満たない演奏です。
本当にピアノが、好きなら諦めずひたすら自分の演奏を追い求めて努力してください。

コンクールの結果が全てではありません。

さて……私も自信を持って講評ができるよう、勉強を続けます。


« 早起きは三文の得? | トップページ | パンダ誕生おめでとう〜 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンクール審査について:

« 早起きは三文の得? | トップページ | パンダ誕生おめでとう〜 »