2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

和田音楽教室 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月27日 (木)

ピティナ地区本選に向けて

あっという間に本選の日も近づいていきました。
 
病気なんかしている場合じゃないことにようやく気がついて
 
一人焦る私・・・・
 
 
そろそろ生徒たちの元へ本選の参加票も届き始め緊張感も高まります。
 
今年は、予選からなぜか1グループそして早い順番が当たる確率が高すぎる
 
和田音楽教室です。
 
順番も運のうち。 
 
お願い  せめて1番だけはやめて  
 
 
昨日から連日ホール練習会を敢行しています。
 
午前中にお友達の演奏を聴いて刺激を受ける → 午後練習する。
 
良い流れで、やはりメキメキ上達しているようです。
 
私も、完全復帰で明日からは練習会に顔を出す予定です。
 
 
 
 
 

2017年7月26日 (水)

多分……回復

今日は朝から、コンクール本選に向けてホール練習会を行いました。

  
私は、午後からのレッスンに備えて午前中はまだゆっくり休ませてもらいました。

私が寝込んでいた時、猫たちがやはり異変を感じるのか、代わる代わる私の横で寝ていました。
  
  
特にアダモは、具合が悪い家族のそばにいる事が多く癒やしの猫なのです。

そして……朝起きて寝室のドアを開けると、ドアの前にお見舞いの品が置いてありました。


1501082355880.jpg


胸キュン

 

2017年7月25日 (火)

半分…回復…

こんなにレッスンをお休みしたことはありません。
 
コンクール真っ只中。
もうすぐ本選!というこの時期に
 
仁先生もコンクール審査で週末はいなかったので……

なんとかコンクールを受ける生徒さんだけレッスンをしました。
 
ところが、経験した事のないめまいに襲われ起きていることもできませんでした。

 
とうとう全面的にレッスンはお休み。 

月曜日からは仁先生にコンクール組のレッスンを頼んで上の部屋で寝ていました。

お医者さまからは、とにかく1週間仕事を休んで、寝られるだけじっと寝ている事…と。

今日の午後からちょっと動けるようになったら身体がムズムズ。
 
まず、キッチンに立ちたい!
ところが!
ゴミの山、お皿の山!
コバエぶんぶん飛んでるし……

まためまいがクラクラ
完全復帰にはもう少し時間がかかりそうです。

2017年7月20日 (木)

鬼の撹乱

先週、炎天下の草取りをしてから体調が悪くて、珍しく38.5℃の熱が出てしまいました。

コンクール真っ只中。

お休みできないのに………
困った困った。

それに今日は私の唯一の楽しみ、お料理教室をお休みしました
 

4日ルールというのがあって、風邪なら4日で熱は下がるそう。

逆に4日下がらなければ、肺炎!との事


経口補水液片手に4日間は、様子をみつつゴロゴロします。

 

2017年7月15日 (土)

真夏の夜(つくば)

今日は、長女、主人、私の3人で朝からフル稼働レッスンでした。
ほぼ12時間レッスンでヘトヘト
主人の「みんなでビアガーデンへ行こう!」の掛け声で
息子も誘ってつくば中心部へ。
 
でも・・・ラストオーダーが20:30ですって!!
つくばの夜早すぎ!土曜日なのに。

2017年7月13日 (木)

うなぎ

小さい生徒たちに人気の楽譜 「うたとピアノの絵本」  音楽の友社

 

絵も可愛らしく、大きな声で歌いながら楽しく弾いています。

1499989406326.jpg

なが〜〜〜いうなぎ

 

「あのね、わたしのおかあさん、うなぎがすきなんだよ。スーパーでうなぎがあったんだけど、たかかったからかわなかったんだって〜」

 

「そうだよね〜高いよね〜 でも暑いときに食べると元気が出るのよ」

 

もう〜〜4歳ちゃんのおしゃべりが可愛すぎです

2017年7月12日 (水)

通りゃんせ

レッスンで私に散々絞られてレッスン室を出ると、ここを通って帰らなければなりません。


1499861673304.jpg

2017年7月10日 (月)

富士山

先月、神戸から空路帰ってきた時、左側の座席で、機長の「ただいま右手に富士山がご覧いただけます。」の声。右側からカシャカシャとシャッター音が聞こえてとっても悔しい思いをしたので、今回は右側の窓際をGET!!
今日は松山から・・・・今か今かとスマホ握って窓に張り付いていたら、景色はずっと海で嫌な予感。
案の定、機長アナウンス「ただいま皆様の左手に富士山がご覧いただけます。」

富士山見たいのに〜〜泣

画像は富士市のフリー画像をお借りしました。

1499735170636.jpg

道後温泉

松山城はロープーウェイ又はリフトを降りてから10分ほど、階段と坂道を歩いたので、汗びっしょり


1499727532716.jpg


これは、あそこに行ってスッキリするしかありません。


1499727531804.jpg

ささっと温泉に入ってさっぱりしました。

路面電車でホテルまで戻り


1499727532374.jpg
  
帰路につきました。


1499727533114.jpg


初四国

審査のお仕事を一日終えて、帰りの飛行機が午後なので、早起きをして松山城天守閣まで行ってきました。

まだ朝早かったので人も少なくスイスイと行きましたが、一回りして帰る頃は、韓国からの修学旅行生や観光客の団体さんなど凄い人でした。

早く来て正解。


1499654698282.jpg


1499654699179.jpg


1499654700103.jpg

2017年7月 8日 (土)

和食

今日は、コンクール審査で某所に来ました。

いつも夜遅く到着して、お夕食を食べ損ねるので、今回は、少し早く到着してクッキングのお勉強も兼ねて、一人で和食をいただいています。


1499511022539.jpg

1499511024076.jpg

1499511025890.jpg

1499511026938.jpg

1499511028040.jpg

1499511029123.jpg

明日は一日頑張ります!

2017年7月 7日 (金)

歌舞伎

先日ドイツの娘に送った荷物の中に、歌舞伎パック入れておきました。パジャマも歌舞伎柄。
なりきってます。

1499358940361.jpg

1499358941194.jpg


歌舞伎座では海老蔵さんとかんげん君頑張っていますね。涙

テレビでかんげん君の舞台を見てウルウルしてしまいました。

ママが見てる……きっと。

ツバメちゃん

1499354950265.jpg


ギュウギュウ詰め
 

7羽の雛がいます。

  
巣立ちももうすぐかな?

2017年7月 6日 (木)

7月のお料理

今日のお料理教室は、夏のお料理でした。

家庭料理の定番「鶏のから揚げ」も基本を押さえるとふわふわのカリカリ今まで適当にその日の気分で作っていたので、確信が持てました。

※鶏のから揚げ
※だし(山形県の郷土料理)を冷奴とともに
※茄子のひすい煮
※牛肉のしぐれ煮


1499354720704.jpg

夜は、おさらいして家族に再現しました。


1499354721669.jpg


2017年7月 5日 (水)

寝ござ

またちょっと調子が悪くて、元気のないトムのために、萌子先生が猫用のござを買ってきてくれました。

でも思ったようにはなかなか使ってくれません

   

1499192924321.jpg

こうですか〜?


1499192925129.jpg


ちょっと違うかな?寝てください。

2017年7月 4日 (火)

天せいろ

今日のお昼は、主人とお蕎麦の「きむら」

1499185668641.jpg


「たまにはこんなゆっくりとしたお昼もいいね。」と話しながら天せいろを美味しくいただきました。


このあと「みずほの村市場」に寄ると
七夕飾りがあり、あ〜そんな季節なんだ〜〜
あっ!!梅雨が明けたら梅干し干さなきゃ!!!と思いました。


1499185669367.jpg

2017年7月 3日 (月)

コンクールの報告

週末は、色々な会場でコンクールが開催されています。

       
昔は、会場まで応援に行っていたものですが
 
最近は、審査があったりレッスンもあったり日程調整が難しく
 
こちらの生徒の応援に行って、こちらには行かない
 
というのも不公平になるので予選の応援には行っていません。
 
演奏時間になると心の中で「頑張れ〜〜」と祈っています。
 
演奏が終わると「いつも通り弾けました!」とか
 
「緊張して暴走しました・・・・・」などと、メールが入り
 
どちらにしろ「頑張ったね」と健闘を称えます。  
 
結果もすぐに報告があります。
 
ところが、中には連絡してこない生徒さんがいます。
 
これは、やはりいけません。
 
コンクールのHPを見れば、結果はわかります。
 
結果は関係ありません。
 
私たちが忙しいだろうとかの気遣いも無用です。
 
どういう演奏をしたかが大事なのです。
 
連絡をお願いしますね。
 

2017年7月 2日 (日)

将棋

かつてこんなに将棋が注目されたことがあるでしょうか。

来る日も来る日も14歳の藤井聡太四段を取り上げています。
 
今日、残念ながら連勝記録が途絶えてしまいました。
 
それに対して加藤一二三 九段の言葉が深いです。
 
人生も、将棋も
 
勝負はつねに
 
負けた地点から始まる
 
若い棋士に対してこれほど温かいエールがあるでしょうか。
 
心に刻みたい言葉の一つになりますね。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »